声楽男子の音大受験。合格し息子は晴れて音大生になりました。うちは庶民なのでこれからの学費支払いにドキドキしています。

音大受験子供が望めばさせますか?

息子が音大へ進学しました。うたです。声楽です。うちは庶民です。

プロフィール

初めまして。

このブログにいらっしゃる方は音大を志望している方またはその親御さんが多いと思います。

音大というと学費が高くて親は大変だというイメージがありますよね。

確かに一般大学より高いです。

 

それに加えて衣装代やプライベートレッスン代なども別にかかるし、コンクールや発表会?に出るにもお金がかかるし、その場所へ行く交通費とか、うちは声楽なので伴奏者へのお礼とか、細かいところまで計算したら結構かかるのかもしれません。

 

入学するまでにも、レッスン代が高い、らしいですね。

らしい、という微妙な書き方をしているのはなぜかというと、うちはそんなにかからなかったから。

声楽だからですか?

この辺は他の方に聞いてみたいです。

 

うちは高校1年の冬に音大受験を決めました。

子供は男子です。

その頃子供はピアノはほとんど弾けず、家にもピアノはありませんでした。

まずは知り合いのピアノの先生に相談したらうちにピアノを習いにおいでと言ってくださったので習いに行きました。

すると、声楽ならピアノはまだ大丈夫だからまずは声楽のレッスンを受ける方がいいと、声楽の先生を紹介してくださいました。

 

週に1回、1回3000円。

楽典は月に1回。その時にピアノのレッスンもしていただいていました。

合計すると月に15000円〜21000円。

 

実はそれしかかかりませんでした。

一般大学の予備校より、中学生の塾代より安いですよね。

 

高校3年でコンクールにも出ました。

入選で、賞は頂けなかったけれどとてもよい経験になりました。

 住んでいるのは首都圏です。
地方の方に比べたら恵まれているのかもしれません。

 

高校では選択科目で音楽の授業をたくさん取れたし、合唱部なので高校2年から音楽漬けの生活だったけれど、大学に入学した今は毎日音楽のことしかしないので、本当に楽しいようです。

 大学までは1時間半くらいかかるけれど。

 

音大生活はまだ始まったばかり。

将来はプロの歌手になりたいという子供。

これから私、母親の目から見た音大生の生活と、親の気持ちのなどを綴っていけたらいいなと思います。

 

 

 

コメントは承認制です。

音大の入学式

「音大だから演奏があるのよね、きっと。」

そんな話をしながら母と並んで歩く。

子供の音大へ続く道は私たち同様入学式を楽しみにしている親御さん新入生の列が出来ていた。

思ったより人が少ない。

やっぱりカレッジだからかな。

 

講堂が見えてきた。

立派な講堂だ。

2017年度入学式という看板が立っている。

その前で何人もの人たちが写真を撮っていた。

私たちは素通りして中に入った。

子供が写真を撮ることをイヤがったから。

本当は一緒に撮りたかったけど、男だから恥ずかしいのでしょう。

 

たった一人で会場へ向かう子供の背中を横目で見ながら私達は保護者席へ。

開会の30分以上前に到着したけれど既に保護者でいっぱい。

二つ空いた席を見つけすわる。

写真を撮るために携帯を探したが見つからない。

あ、さっきコートをコインロッカーに預けたときに一緒に入れてしまったんだと気付くが後の祭り。

母の携帯で写真を撮ることになった。

 

入学式の始まった。

アンサンブルによる君が代斉唱。

さすがとても素敵な音と声。

学長のお話。

一般大学と違い音大ということで演奏家教育家になるための始まりなんだと実感させられる内容。

そしてアンサンブル演奏。

本当に音が違う。高校の部活のそれと大きく違うことに大変な感動を覚える。

さすがだなぁ。。。

 

余韻にひたっていると入学式はいつのまにか終わっていた。

やっぱり自分の携帯で写真を撮りたかったな。

 

とても温かみのある素敵な入学式だった。

これから4年間。

どのような生活を子供は送るのだろうか。

充実した生活であってほしいと願う。

 

 

コメントは承認制です。